読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひーさんのゲーム徒然日記

ゲームプレイ日記、感想、たまに雑記

Miitopia 2

Miitopia 2



前回はキャラクター紹介のような記事に仕上がり、中途半端に終わってしまいましたが…今回も、あんまり進行してないです。すみませぬ。


f:id:pandnuko:20170124043436j:plain

サイショーの町の村長さん。サイショーの町が好きで、平和な町ということに誇りを持ってるっぽい人。
平和でしょーなんて会話をしていたんですが…。

f:id:pandnuko:20170124043456j:plain
f:id:pandnuko:20170124043517j:plain

みんな急にびっくり顔(村長の顔がわりとホラー)。それもそのはず、空から何者かが降ってきました。

f:id:pandnuko:20170124043540j:plain

なんとなんと!大魔王様の降臨です。

f:id:pandnuko:20170124043558j:plain
f:id:pandnuko:20170124043614j:plain

このように、大魔王のMiiを作成するように指示されます。QRコードからも読み取れるみたいですね。とび森のデザインコードと同じ仕様でしょうか。


やっぱり自分で作ってこそ!ということで、自分で作成。

でもこのあと、大きな失敗に気付くんです。



f:id:pandnuko:20170124043638j:plain

こんな大魔王になりました。
実はこの画面になるまで、てっきり「一緒に戦う仲間を作りましょう」だと思っていたのです。いやいやいやちゃんと読めよと…。

なので、幼気なロリータ☆ひーさん☆の一番最初の仲間=☆ひーさん☆を守るナイト。そしてロリにはショタだよね。と、訳のわからん思考回路でロミオくん(一応王子設定)を作る予定だったんです。本来は大魔王になる予定では…なか、った……。

f:id:pandnuko:20170124043659j:plain

王子ロミオくんはこんなイケメン容姿なのですが。可愛くないですか??上手くショタ感を出せなかったので、小さい身長で誤魔化してるんですけどね。
他のMiiが使えるように設定しておいたよ(アピール)!!

f:id:pandnuko:20170124043721j:plain

特技を決められるんですけど、ロミオくんこんな見た目してお笑い好きという。地味にダジャレを言う、でもスベる。ウケることはほぼほぼ無いCOOLなキャラなんですよ(つまり寒いキャラ)。

なかなか魅力的なキャラだなぁロミオくん!
さあこのロリショタコンビで大魔王と………………




f:id:pandnuko:20170124043807j:plain

( ゚д゚)ハッ………




そして大魔王ロミオの自己紹介が始まります。
「世界に恐怖と混沌をもたらす者だ!」
「サイショーの人間どもよ!」
「さあ味わえ!」
「顔を失う恐怖をな!」


f:id:pandnuko:20170124043914j:plain
f:id:pandnuko:20170124043949j:plain


この言葉と共に住人の何人かが顔を奪われてしまいます。
きっとそんなんドリームだぜ!サイショーに居れば忘れるぜベイベ??なんて言ってたポジティブサトシさんも飛び上がるほどの恐怖。さすが大魔王ロミオ。というか現実世界でこんなことが起こったら卒倒ものだと思います。

奪うだけ奪った大魔王。

「ふん。今回はこれでよしとしよう」
「カオを失った者たちよ!」
「恐怖に怯え苦しむがいい!」
「そして助かった者たち!」
「町の中のサマを見て」
「ともに苦しみ絶望しろ!」
「ではさらば!ウハハハーッ」

最後は大爆笑して去っていきました。愉快な大魔王さんですね。お顔もチャーミングだから心もチャーミングなんでしょうね。


操作可能になったので、リア充カップルに話しかけてみました。

f:id:pandnuko:20170124044036j:plain
f:id:pandnuko:20170124044049j:plain
f:id:pandnuko:20170124044102j:plain

もっと心配してあげないのかいww
のっぺらぼうになってもロクサーヌロクサーヌなんだよ!つるぺたでも愛せよ!!愛してみろよ!!!熱くなれよ!!!!
あんなにアツアツだったこの二人も大魔王(と☆ひーさん☆)の策略通り、見事に爆発したらしいです。リア充なんかしてるからだよ(最低)


f:id:pandnuko:20170124044121j:plain

親子連れのお母さんにも話しかけます。いや完全に動揺しきってますね…。動揺通り越して気絶しないだけ凄いと思います(この手のお母さんは気絶するイメージ)。
するとこちらに気付いたサンジママ、お願いがあります!と、声をかけてきました。

f:id:pandnuko:20170124044145j:plain

あの大魔王相手にどうすればいいのだ。勇者サマにお願いするならともかく、こんなちっこい少女にそんな頼み事いくない!いくないよ!

ここで「はい」か「いいえ」の選択肢が出ます。迷わず「いいえ」を選択。

f:id:pandnuko:20170124044201j:plain

すんなり諦めるサンジママ。嘘です。冗談だよ。☆ひーさん☆は鬼ではなく天使だからね(※全てイメージです)。

f:id:pandnuko:20170124044217j:plain

引き受けると、お守りみたいな物を貰いました。

f:id:pandnuko:20170124044231j:plain

みたいな物、じゃなくてお守りでした。ピンチの時に守ってくれるんですかね。☆ひーさん☆はたぶんそういうの意外と信じないマセた子だと思ってる。サンタ?そんなの居るわけないじゃん。あれ父親だから。なんて心中で思っちゃうタイプ(可愛くない)。


息子のサンジくんにも話しかけると…


f:id:pandnuko:20170124044246j:plain

顔を取られたら喋れないんですね。まあ口ないもんね(じゃあ呼吸はどうなry)。ひーさん的にこの喋りたいけど声にならない感じがけっこう怖いんですけど、子供は怖くないんですかね。今の子供が大人になった時に、トラウマゲーとしてまとめサイトに挙げられたりしないんですかね。そもそもまとめサイトが生き残ってるかも不明という。




話が逸れましたが、今回はここまでです!
次回はお母さんのお願い、サンジくんを助けるために奮闘する回です。次回からやっと冒険ものというか、それらしい内容になってきます!


また次回。


( `ωo[ つ づ く ぞ !]o